本文へジャンプ

Q2.お隣との境界がわかりません

A. 

 土地には鉛筆や万年筆、マジックインク、筆などで境界線を描くというわけにはいきませんので、土地を眺めて見ただけでは登記上の境界線がどこであるのかわかりません。

  ブロック塀、道路の縁石、水路壁などの構造物と境界線が一致している場合が多いと考えられますが、それが正しく登記上の境界線(筆界といいます)であるかは、登記所で資料調査し、現地に赴いて確認しなければわかりません。また、その土地の経緯等によりますが,登記所の資料だけで100パーセント境界が確定できるとは限りません。

参考になる資料としては、昔の図面(公図、測量図等)、権利証などがあります。

ページの先頭へ戻る