公図・地積測量図・登記の経緯等の登記情報調査

  • 不動産登記申請



    土地・建物の異動に伴う法務局への申請手続き


    こんな方に・・・

    土地の売買、分割、建物の新築など


    期間・報酬は?

    1ヶ月~2ヶ月(登記申請の種類による)


  • 相続・遺言




    こんな方に・・・

    相続に関する手続きをしたい方、自分の思いを相続人に伝えておきたい方


    期間・報酬は?


  • 商業登記申請



    会社設立・役員変更等に伴う法務局への申請手続き


    こんな方に・・・

    会社の設立をしたい、役員変更をしたい方


    期間・報酬は?


  • 登記情報調査に基づく現地調査



    登記情報を、書類・図面上で調査した後、現地の土地・建物を調査します。

    不動産業者や、土木・建築業者の行う調査と比べ、登記情報を基に土地家屋調査士や司法書士といった専門家の目で行う現地調査は法的側面を主として行い、皆様の財産権を保全するために重要なものです。

    不動産の有効活用や増改築、売買、相続等様々な局面での事前のトラブルを予防する為にも、事前に相談されることをお勧め致します。


    こんな方に・・・

    不動産の利活用に先立ってご自身の土地・建物の記録を棚卸しをして整理したい方 ご自分の土地建物を子が相続する前にわかり易く整理して遺しておきたい方 親から相続した土地が一体どこにある、どのような土地なのか知りたい方


    期間・報酬は?

    登記情報の調査と同様、この調査のみで報酬を頂く事は稀です。登記・各種許認可手続き等を望まれない方や諸事情によりご依頼を中断・終了される場合、 期間:1~5日程度 報酬:登記情報調査の費用+¥10000~¥15000程度 になります。いずれも土地・建物の状況によって異なります。


  • 登記情報調査



    どのような手続きを行う場合にもまず必要となる基本的な調査です。

    該当土地・建物について公図、地積測量図、建物図面や登記簿の調査を行い現在に至るまでの登記の経緯等を調査します。また、お客様がお持ちの資料についても調査致します。

    調査結果によっては現地調査を行い、依頼人様へのご説明の後必要であれば各種登記等手続きへと移らせて頂きます。


    こんな方に・・・

    どのような手続きを行う場合にもまず必要となる基本的な調査です。

    該当土地・建物について公図、地積測量図、建物図面や登記簿の調査を行い現在に至るまでの登記の経緯等を調査します。また、お客様がお持ちの資料についても調査致します。

    調査結果によっては現地調査を行い、依頼人様へのご説明の後必要であれば各種登記等手続きへと移らせて頂きます。


    期間・報酬は?

    どのような手続きを行う場合にもまず必要となる基本的な調査です。

    該当土地・建物について公図、地積測量図、建物図面や登記簿の調査を行い現在に至るまでの登記の経緯等を調査します。また、お客様がお持ちの資料についても調査致します。

    調査結果によっては現地調査を行い、依頼人様へのご説明の後必要であれば各種登記等手続きへと移らせて頂きます。


  • 境界の鑑定調査・測量



    これはaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaテストです

    境界の調査と法律的な判断とそれに基づく測量は土地家屋調査士が専門とし、たんに測量技術職ではなく所謂、隣接法律専門職である一つの大きな理由となっている分野です。 「境界」というと、一枚の紙の上に書いた一本の線のように考えられていることが多いのですが実はそうではありません。

    根拠となる法律(民法・不動産登記法)や権利(所有権・占有権)によって二重、三重の層が異なる境界線を持って重なりあっていることもあります。

    専門的な話になるとそれだけで分厚い専門書が存在する程なのですが、そういった”境界”が曖昧なままに相続や売買を経てしまうとトラブルの原因にもなります。

    これらの各種の境界を調査し、隣地所有者様との立会で確認、測量しておくことは大切な土地を管理する上で非常に利益のあることです。

    こうした場で当事者同士の間に立ち先々にトラブルや問題の残らない公正かつ柔軟な解決を図ってゆくことも土地家屋調査士業務の大きな社会的役割の一つになります。

    どうして、当事者同士の間での境界に関する話し合いがまとまらない場合については


    ・筆界特定手続
    ・境界問題相談センターによる裁判外紛争解決(ADR)手続
    ・境界確定訴訟

    があります。それぞれについて土地家屋調査士が関与出来る度合いにも違いがありますので別記します。


    こんな方に・・・

    ・お隣との境界に不安がある方(→Q2.お隣との境界がわかりません) ・土地の売買・相続前に境界をハッキリさせておきたい方 ・地積更正登記(→Q3.登記簿の面積が実際の面積と違う気がします)の必要がある方 ・分筆登記の必要がある方...等


    期間・報酬は?


  • ドローンによる不動産調査



    不動産を空中から調査したいとき、災害時状況を把握し、緊急に設計したいときなどにご利用ください。通常のドローン空撮業務も承ります。


    こんな方に・・・

    上空からの視点で不動産の撮影・調査を行いたい方、 災害時に、状況を把握して、緊急に設計したいときなど。


    期間・報酬は?

    半日~1日 撮影のみ3万円~ 3次元画像解析込10万~ 高精度3次元解析込20万円~